文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

田村麻呂(たむらまろ)

詳細情報

番号 1459 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 英雄 坂上田村麻呂 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 能代市史編さん委員会
書名・誌名 能代市史 特別編 民俗
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 能代市
発行年月日 平成16年10月29日 発行年(西暦) 2004年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 816 終了頁 816
文体 通行体
冒頭文 田村麻呂と蝦夷の合戦は、仁井田の倫勝寺のあたりで闘ったそうです。
結末文 それが今の七夕だときいておりますけどね。

あらすじ 田村麻呂と蝦夷は仁井田の倫勝寺のあたりで闘ったそうだ。蝦夷があまり強くて田村麻呂が案を練っていると頭にひらめいたのが「うその城を作って防いだらどうか」ということで竹細工で城を作った。蝋燭の明かりをつけて何台も城の形に作ったのを並べた。蝦夷が攻めてきて「あんな立派な城たいしたものだ」、勝てる見込みがないのではないかと能代から退散したという。それが今の七夕だと聞く。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) 能代市長崎
地域(現地名) 能代市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF