文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

類似

無題()

詳細情報

番号 1559 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 精霊 八郎の宿 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 田村八重子 編者名 -
書名・誌名 -
書名(全集名等) 秋田民俗 巻・号 5
発行所 秋田県民俗学研究会
発行年月日 昭和52年11月20日 発行年(西暦) 1977年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 25 終了頁 25
文体 通行体
冒頭文 八郎は八郎潟から前田さ行って、前団の八兵衛でいう家さ泊まるのであったと。
結末文 八兵衛はかまどけすて、八郎行がねぐなってすまったど。

あらすじ 八郎は立派な親方になって前田の八兵エの家に、泊まるのだった。来る度に沢山お金置いていくものだから、そこの家は八郎が来る度に金持ちになっていった。八郎は寝る前にかならず「寝姿を絶対見ないでくれ」と言ったのに、覗いてみると、竜が大鼾をかいて部屋中ながまっていた。朝になると八郎はもういなくて二度と泊まることはなかった。そのうち女房の腹が大きくなり、産気づくとすだれの上にまたがり子を産んだ。しかし出てくる子はすべて蛇だった。それから八兵エの家はすたれてしまった。
追記 -
その他 八郎(はずろう)、前田(めだ)

地域(原文に書かれている地域名) 太平寺中
地域(現地名) 小坂町
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -