文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

無題()

詳細情報

番号 1815 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 水の部 - - -
日本伝説大系 自然説明伝説 - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 高橋 ヤス 編者名 富谷 玲子
書名・誌名 高松の伝説
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 -
発行年月日 平成8年8月 発行年(西暦) 1996年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 58 終了頁 59
文体 通行体
冒頭文 昔、田螺沼は今よりも水量も多くて青々と澄んでいました。
結末文 やはり山ぶどう以外の蔓草は、ありませんでした。

あらすじ  若者達が集まり、田螺沼の深さを測ろうと岸辺から蔓を採ってきて継ぎ足し、筏を組んで、沼の中程に漕ぎ出した。すると向いの岸から大蜘蛛が現れ、岸に糸を張って大木を根こそぎたぐり寄せた。水の中に引き込まれていく大木を見て、若者達は命からがら岸へ逃げ戻った。それから沼の深さを知られたくないため、沼のほとりの藤や蔓を一切絶やしてしまった。
追記 話者は高橋ヤス
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 湯沢市高松
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -