文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

伝説写真

地図

類似

熊野修験僧南祖坊とげきとつ(くまのしゅげんそうなんそぼうとげきとつ)

詳細情報

番号 1826 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 岩の部・水の部・塚の部・坂 - - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 精霊 八郎太郎 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 -
書名・誌名 辰子姫と八郎太郎 伝説の田沢湖
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 東奥文化会
発行年月日 昭和40年1月15日 発行年(西暦) 1965年
所蔵先 -
開始頁 15 終了頁 15
文体 通行体
冒頭文 それからまた何百年か、何千年かたったころ、…八郎太郎は力つきて遂に十和田湖を脱出してしまった。
結末文 そんな人間の世の中になるに従って、八郎太郎はどこえ行っても追い立てられて、心の温まる暇もなかった。

あらすじ それから又何百年か、何千年かたったころ、十和田湖は熊野修験僧南祖坊の出現によって激闘の場となり、敗れた八郎太郎は脱出してしまった。津軽の国、岩木山の南に逃れ、旅人に姿を化えてさまよっていた。かつて人間であった大昔と余りにも違い、八郎太郎はどこへ行っても追い立てられ、心の温まる暇もなかった。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 小坂町
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -