文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

八郎太郎竜辰子姫に想いをかける(はちろうたろうりゅうたつこひめにおもいをかける)

詳細情報

番号 1831 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 岩の部・水の部・塚の部・坂 - - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 精霊 八郎太郎 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 -
書名・誌名 辰子姫と八郎太郎 伝説の田沢湖
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 東奥文化会
発行年月日 昭和40年1月15日 発行年(西暦) 1965年
所蔵先 -
開始頁 23 終了頁 24
文体 通行体
冒頭文 八郎太郎はそのうちに故郷が恋しくなり、鹿角の里にもどり、…ここでも四十三体の神々の石打ちにあって失敗した。
結末文 辰子はその昔、熊野修験者である南祖坊に…心の底にやさしいところがあったので、辰子も心を動かすようになっていた。

あらすじ 八郎太郎は故郷が恋しくなり、錦木の里あたりで米代川をせき止めようとしたが、失敗した。その後、きみまち坂あたりで米代川をせき止めて住み家を作ることに成功した。その頃、八郎太郎は田沢湖に辰子竜が住んでいることを知った。辰子の元へ通い始めたのである。辰子はその昔、南祖坊の来訪を受けていたが、性の荒々しいのを嫌って受け入れなかったが、八郎太郎は心やさしいところがあったので辰子も心を動かすようになっていた。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 八郎潟町
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -