文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

八郎とたつ子(はちろうとたつこ)

詳細情報

番号 1868 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 水の部 - - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 精霊 八郎太郎 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 黒沢せいこ 編者名 はたはた編集部
書名・誌名 横手盆地のむかしっこ
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 はたはた編集部
発行年月日 平成14年4月20日 発行年(西暦) 2002年4月20日
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 174 終了頁 176
文体 方言
冒頭文 むがーし、昔のごどだ。
結末文 とっぴんぱらりのぷう。

あらすじ  八郎潟の事を聞いたたつ子は冬の間でも田沢湖に来たらどうか、とカモに相談した。それを聞いた八郎は喜び、冬田沢湖に行くことにした。次の年から冬の間、八郎は田沢湖で過ごし、花の咲く春になると八郎潟に帰っていった。また冬に来る約束をし、たつ子はさざ波を立て琴の音を八郎に聞かせた。八郎潟を「琴の海」と呼ぶのはこの時、たつ子が奏でた音を八郎が持ち帰り、潟の波をさわさわと立たせるからだ、と言う。そんな八郎とたつ子に横恋慕した十和田湖の主、南祖坊が八郎と長い戦いを始めた。怒った南祖坊は小折戸沢の千蔵松にかくれ八郎を待ち伏せた。田沢湖の上で大乱闘が始まったが、八郎が八方からキノスリマスを投げると、その魚が火になり、火傷を負った南祖坊は十和田湖に逃げていった。八郎とたつ子はそれからも愛を深め、冬の間主が居ないので八郎潟は浅くなり、逆に田沢湖は深くなった。湖畔の農民は、水底からリュウノヒゲモを採り、田の肥料にすることを許された。荒れた八郎の心もたつ子の元に通う内収まり、今でも八郎潟‐仁井田‐上淀川‐神宮寺‐中川‐西明寺‐田沢湖を人に姿を変え通っている。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 仙北市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -