文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

鮭嫁(さけよめ)

詳細情報

番号 208 種別 昔話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 完形昔話 幸福なる婚姻 魚女房 -
日本昔話大成 本格昔話 婚姻・異類女房 蛤女房 112
日本昔話通観 むかし語り 婚姻 食わず女房型 -
世間話 - - - -
AT分類 402

執筆者名 - 編者名 今村義孝
書名・誌名 秋田むがしこ
書名(全集名等) - 巻・号 第1集
発行所 未来社
発行年月日 昭和34年9月30日 発行年(西暦) 1959年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 251 終了頁 252
文体 方言
冒頭文 昔、昔セナ。
結末文 とっぴんぱらりのぷう。

あらすじ 一人の辛抱な男が、何も食わず、自分には御馳走してくれる妻がほしいと貼り紙をした。何も食わないでいるからと女が入ってきて、男はその女を妻にした。女は水ばかり飲み、男に毎日鮭の子の汁を食わせる。男は鮭の子をどこから出してくるのか疑い、水屋の天井裏の裏板の間から見ていた。女が鍋を尻に当てると、鮭の子が一杯入っており、その鍋を火にかけ、その日も鮭の子を食わせた。男は女の話を聞かず、追い出した。女は泣きながら家を出て行き、側の小川に飛び込み、大きな鮭の姿になり、上の方に行ってしまった。
追記 2月15日から高堰さんが亡くなる9月18日までの間、9回にわたり調査を行った。
その他 居(え)、人(ふと)、家(え)、父(てて)、母(あば)

地域(原文に書かれている地域名) 仙北郡角館町
地域(現地名) 仙北市角館町
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -