文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

類似

絹のふんどし(きぬのふんどし)

詳細情報

番号 2267 種別 昔話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 笑話 愚人譚 D愚かな男 分銅と褌 417
日本昔話通観 笑い話 愚か村 ふんどとふんどし 1083
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 本城屋 勝 編者名 本城屋 勝
書名・誌名 ひろし爺さまの昔話
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 翠楊社
発行年月日 昭和54年9月15日 発行年(西暦) 1979年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 23 終了頁 27
文体 方言
冒頭文 むかし、ええふりする男がいたっけど。
結末文 んだがら、お前たちも、ええふりするものでねえよう。

あらすじ 良い格好する男が絹の褌を作り、そば屋に寄った。褌を少し引っ張り出し火をつけ、絹が焼ける臭いがすると騒ぎ、みんなに見せびらかした。蕎麦の代金五文を払おうと十文銭を出したら、「先程も絹の褌をした人が来たが、釣りは要らないと行ってしまった」と言われ「釣りはいらない」と出て行った。
追記 金竹之助爺さまから聞いた話
その他 吹雪・ふき、野良・そと、爺・じ、先程・さきた、土間・にわ、婆・ば、居間・えどこ、囲炉裏・ゆるぎ、薪・ぎ、沢山・じっぱり、一寸・さっと、灰・あく、前・め、焦ける・やける、臭・かまり、釣り・きゃり、亭主・てで、今度・こんだ、とルビあり

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 北秋田市
史跡等

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -