文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

類似

馬鹿婿のしゅうと礼(ばかむこのしゅうとれい)

詳細情報

番号 2277 種別 昔話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 笑話 愚人譚 B愚か聟(息子) 沢庵風呂 349B
日本昔話通観 笑い話 愚か聟 たくあん風呂 1053
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 本城屋 勝 編者名 本城屋 勝
書名・誌名 ひろし爺さまの昔話
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 翠楊社
発行年月日 昭和54年9月15日 発行年(西暦) 1979年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 65 終了頁 67
文体 方言
冒頭文 むかし、ある所に馬鹿息子がいてあったど。
結末文 それを見ていた舅は、「馬鹿につける薬はねえ。あれば、高いべなあ」としゃべったけど。

あらすじ  馬鹿息子が茶碗の湯が熱いと、母親に水を足してもらうので、しゅうと礼に行ったら、「水を足さないで、大根漬けを入れろ」と教えられた。しゅうと礼に行き、足を洗う湯が熱すぎたので、大根漬けを入れて呆れられた。
追記 村の誰かから聞いた話
その他 所・とこ、、母親・あば、大根・でご、端・ば、よルビあり

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 北秋田市
史跡等

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -