文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

伝説写真

地図

類似

巫女石と山伏石(みこいしとやまぶしいし)

詳細情報

番号 2362 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 石・岩の部 石・岩 - -
日本伝説大系 自然説明伝説 - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 みこいしとやまぶしいし 編者名 木崎和廣
書名・誌名 羽後の伝説
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 第一法規出版
発行年月日 昭和51年7月15日 発行年(西暦) 1976年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 31 終了頁 32
文体 通行体
冒頭文 (仙北郡田沢湖町)抱返の東方を流れる玉川の渓流の中に、今も二個の奇岩が立ちならんでいる
結末文 二人はともに明神の神徳に感動して、薬師回国を断念してともに大石になったという

あらすじ 抱返の東方を流れる玉川の渓流の中に、今も二個の奇岩が立ちならんでいる。昔、金剛杖をついた山伏が、か弱い巫女をともなって白岩嶽の薬師参詣にやってきた。玉川を渡ろうとした時、突然津波が押しよせ濁流にのみこまれようとしたが、この地の明神の霊力で救われた。二人はともに明神の神徳に感動して、薬師回国を断念してともに大石になったという。
追記
その他 資料写真有

地域(原文に書かれている地域名) 仙北郡田沢湖町
地域(現地名) 仙北市田沢湖
史跡等 巫女石と山伏石

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -