文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

坂上田村麻呂(しばのわたり)

詳細情報

番号 2399 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 水の部 湯・池・川・渡 - -
日本伝説大系 自然説明伝説 - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 さかのうえのたむらまろ 編者名 木崎和廣
書名・誌名 羽後の伝説
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 第一法規出版
発行年月日 昭和51年7月15日 発行年(西暦) 1976年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 46 終了頁 46
文体 通行体
冒頭文 (秋田市)坂上田村麿将軍蝦夷征討の折に、河辺の女米木獄にいた蝦夷の首長夜叉鬼が、男鹿に逃げたので、将軍の軍勢がこれを追って新屋まできたが、雄物川に船がなくて渡ることができず、柴一〇三駄を集めて筏を作って、ようやく渡ることができたという
結末文 この後、新屋を百三段といい、この渡しを、柴の渡というようになった

あらすじ 坂上田村麿将軍蝦夷征討の折に、河辺の女米木獄にいた蝦夷の首長夜叉鬼が、男鹿に逃げたので、将軍の軍勢がこれを追って新屋まできたが、雄物川に船がなくて渡ることができず、柴一〇三駄を集めて筏を作って、ようやく渡ることができたという。この後、新屋を百三段といい、この渡しを、柴の渡というようになった。
追記
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) 秋田市
地域(現地名) 秋田市
史跡等 柴の渡

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -