文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

ちょうふく山の山姥(ちょうふくやまのやまんば)

詳細情報

番号 251 種別 昔話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 むかし語り 超自然と人 山姥の錦 38
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 今村義孝
書名・誌名 秋田むがしこ
書名(全集名等) - 巻・号 第1集
発行所 未来社
発行年月日 昭和34年9月30日 発行年(西暦) 1959年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 182 終了頁 188
文体 方言
冒頭文 昔、あったずもな。
結末文 これきって、とっぴんぱらりのぷう

あらすじ ちょうふく山の麓のもうみき村で、月見をしていると、山姥が子供を産んだので餅をつかないと、馬、人共に食い殺してしまうと叫んで暴れるものが屋根を飛び歩いた。人々が相談して、だだ八、ねぎそべに餅を持たせ、あかざばんばが道案内になり、山へ登った。あかざばんばが一人で蒲小屋に着くと、がらという4つ5つの子がいた。山姥は昨夜この子を産んで餅が食いたくなり、この子を使いにやったと話し、餅を取りに行かせ、熊を取らせすまし餅をご馳走した。婆は21日いて、がらに負ぶわれ家につくと、だみだし(葬式)を出していた。山姥からもらった錦を使っても、次の日はまた一匹になり、村では風邪もはやらず、皆楽に暮らした。
追記 -
その他 昔→「むがし」、数ぜねな→「かぜねな」と読む。わ→「自分」、数ぜねなだけど→「数えないのだとさ」という意味。

地域(原文に書かれている地域名) 仙北郡南外村
地域(現地名) 大仙市南外
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -