文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

地図

類似

大石の稲荷様(おおいしのいなりさま)

詳細情報

番号 2628 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 祠堂の部 薬師・観音・不動(仁王・毘沙門・大師・権現・閻魔・如来・仏堂・鐘・弁天・稲荷・大明神・神社・宮) - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 木崎和廣
書名・誌名 羽後の伝説
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 第一法規出版
発行年月日 昭和51年7月15日 発行年(西暦) 1976年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 149 終了頁 149
文体 通行体
冒頭文 (北秋田郡阿仁町)荒瀬川部落から、萱草鉱山へ行く途中の杉林の中に、高さ十数メートルにおよぶ巨石があって稲荷様を祀ってある
結末文 くやしがった八郎が怒って、その大石を投げとばしたのが、ここに落ちたものである

あらすじ 荒瀬川集落から、萱草鉱山へ行く途中の杉林の中に、高さ十数メートルにおよぶ巨石があって稲荷様を祀ってある。昔、十和田湖で南祖坊と争って敗れた八郎が、米代川の七座天神に座を築き、川をせきとめて自分の住みかをつくろうとして、最後の仕上げの大石を取るため森吉山にのぼった。大石をさがしあてて、七座を見おろすと、どうしたことかせっかく築いた座が破れて水が流れ出しているのが見えた。くやしがった八郎が怒って、その大石を投げとばしたのが、ここに落ちたものである。
追記
その他 資料写真有

地域(原文に書かれている地域名) 北秋田郡阿仁町
地域(現地名) 北秋田市阿仁
史跡等 大石の稲荷様

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -