文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

河童の恩返し(かっぱのおんがえし)

詳細情報

番号 2705 種別 世間話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 妖怪・霊異 水の怪 河童 -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 井川町史編纂委員会
書名・誌名 井川町史
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 井川町
発行年月日 昭和61年11月30日 発行年(西暦) 1986年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 1322 終了頁 1323
文体 通行体
冒頭文 昔、黒坪の天神の近くに釜淵村という小さな村があった。
結末文 命を助けてもらった河童の恩返しだったのである。

あらすじ 釜淵村のサンジャブロウ親方の若勢が、野良仕事を終えた馬を冷やすため淵に入れた。突然驚いた馬を家の馬屋に入れると、尻尾に河童が付いていた。馬の肝を食べようとした河童を叩き殺そうとしたが、騒ぎを聞きつけた親方に止められた。河童は親方に「もう悪いことはしないから」と命乞いをした。助けて貰うと、お礼に毎日淵の柳の木の下に、魚を置いておくのだった。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) 宇治木
地域(現地名) 井川町
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -