文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

河童(かっぱ)()

詳細情報

番号 2707 種別 世間話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 妖怪・霊異 水の怪 河童 -
AT分類 -

執筆者名 不明 編者名 藤里町民話編輯委員会
書名・誌名 藤里の昔話
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 藤里町教育委員会
発行年月日 昭和52年7月30日 発行年(西暦) 1977年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 101 終了頁 102
文体 方言
冒頭文 昔、馬名子の川で、馬が水をのんでいた。
結末文 家の人が河童をはなしてかえしたが、その次の年からこの家のたんぼは水に不自由なく畑のきゅうりも大豊作であったという。

あらすじ 昔、馬名子の川で馬が水を飲んでいた。馬の手綱が川に落ち、河童がこの手綱を掴むと馬が走り出した。家まで河童は引っ張られて捕まえられた。「来年からこの家の田んぼに水をたくさんやり、畑の胡瓜を豊作にする」と約束し、放してもらった。次の年はその通りになった。
追記 原話:市川博之
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) 藤里町
地域(現地名) 藤里町
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -