文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

河童()

詳細情報

番号 2709 種別 世間話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 妖怪・霊異 水の怪 河童 -
AT分類 -

執筆者名 不明 編者名 磯村朝次郎・齊藤壽胤
書名・誌名 男鹿五里合民俗誌
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 五里合郷土誌懇話会
発行年月日 平成2年11月15日 発行年(西暦) 1990年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 389 終了頁 389
文体 方言
冒頭文 箱井のオイ沢や中間口にはよくいたという。
結末文 高屋では河童は赤い前掛けをつけているという伝承もある。

あらすじ 河童は箱井のオイ沢や中間口にはよくいたという。中間口の河童から手紙を託された、草刈をしていたら出てきた、馬の尾を引っ張られたなどの話がある。寂しい村はずれに出る事が多く、馬の尻から手を入れて内臓を素早く喰ったり、人の尻のキク(肛門)を取るという。高屋では、河童は赤い前掛けをつけているとも伝承されている。
追記 不明
その他 河童・かっぱ、前掛・めだりとルビあり。

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 男鹿市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -