文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

地図

類似

八郎太郎の流浪(はちろうたろうのるろう)

詳細情報

番号 3024 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 精霊 八郎太郎 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 野添憲治  編者名 -
書名・誌名 秋田伝説散歩
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 角川書店
発行年月日 昭和52年1月10日 発行年(西暦) 1977年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 148 終了頁 158
文体 通行体
冒頭文 とある日、その湖を望む巌頭に、ひとりの修験者が立った。
結末文 いつのころからか、その湖を八郎潟とよぶようになった。

あらすじ 南祖坊という修験者が十和田湖を終の棲家と決め、先人の八郎太郎と争いになった。八郎太郎はこの争いに敗れ十和田湖を追われる身となった。八郎は新しい住処を作るため、数々の策に出るが、多くの神々に阻まれ、さすらいの果てに、男鹿半島の八郎潟の主となった。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 八郎潟町
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -