文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

類似

馬鹿婿のガンと寝小便(ばかむこのがんとねしょうべん)

詳細情報

番号 3657 種別 昔話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 不明 編者名 西郊民俗談話会
書名・誌名 男鹿・脇本の民俗 -浦田・樽沢・百川-
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 秋田文化出版社
発行年月日 昭和60年8月1日 発行年(西暦) 1985年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 261 終了頁 261
文体 方言
冒頭文 馬鹿婿だども、その馬鹿婿だどもほの旦那しゅうで何ぼか財産のある財産家の婿なんだすものな、そこの家に鉄砲こ何ちょうも鉄砲こお客さんさこう提げて置いたんだと。
結末文 馬鹿婿だものな、本当の馬鹿婿だ、誰へば寝小便たえたず、誰ほめる人いるって。

あらすじ 財産家の家に馬鹿聟がいた。その家には鉄砲があったので、いたずらして撃ってみたら、弾は屋根を破って空を飛んでいるガン(雁)に当たって落ちた。親方が「だれがやったんだ」と尋ねると、馬鹿聟はしかられると思い知らないと言う。女中は婿がしかられるとかわいそうだと思い、代わりに名乗り出てほめられる。今度その女中が寝小便をたれた。親方に「この布団だれやった」と言われ、馬鹿聟は「おれやった」と、ほめられると思って言ったが逆にしかられる。
追記 話者は伊藤ミヨ。男鹿市脇本百川。明治43年生まれ。
その他 提・さん、誰・だい、小・しょんとルビあり。

地域(原文に書かれている地域名) 男鹿市脇本
地域(現地名) 男鹿市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -