文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

類似

むぐりもの(むぐりもの)

詳細情報

番号 3696 種別 昔話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 嶋田忠一 編者名 不明
書名・誌名 伝承と文化
書名(全集名等) - 巻・号 第34号
発行所 (秋田)民俗調査の会
発行年月日 平成21年1月25日 発行年(西暦) 2009年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 10 終了頁 10
文体 方言
冒頭文 あるどごろでよ、あのアヤ居だなんでろ。
結末文 トッペント。

あらすじ 初聟に行く男女が、雨降りだったので一つの唐傘をかぶって行った。ところが嫁の親父は唐傘を知らなかったので、遠くから来る二人を見て、玄関を入られないだろうと心配した。「冬囲いを壊す」「鍵を壊す」と隣近所の人々を呼び大騒ぎした。ところが玄関に来たら、唐傘をスッとすぼめて入って来たので驚いた。次の日、唐傘の名前を知らない親父が「昨日のむぐりもの見せてくれ」と聟に言うと、自分の一物を見たそうだ。
追記 孔版紙「メメズのうた」(承前) 復刊第二号―昭和五十六年五月―
その他 嶋田忠一私家版「ミミズのうた」発行会 秋田市新屋南浜町5-4 57.8.30発行

地域(原文に書かれている地域名) 不明
地域(現地名) -
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -