文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

五話()

詳細情報

番号 4003 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 木の部 - -
日本伝説大系 自然説明伝説 伊勢参りの松 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 秋田県民俗学研究会編
書名・誌名 秋田県の昔話・伝説 
書名(全集名等) - 巻・号 第三集
発行所 秋田県教育委員会
発行年月日 昭和四十九年度 発行年(西暦) 1974年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 7 終了頁 7
文体 通行体
冒頭文 おらの湯の沢にある松は、伊勢参宮の松だといってな、上方参りに行った松だど。
結末文 それがら、その松は、伊勢参宮の松ど言われるようになったもんであったけど。

あらすじ 増田の湯の沢の松はお松、下に置かれている石はお玉と言われている。二人はお伊勢参りをし宿屋から礼状が来た。
追記 話者は阿部つめ。明治二十五年十二月二十七日生まれ。住所 雄勝郡稲川町大館
その他 調査期間 昭和四十九年十月~五十五年二月 『民俗部門収蔵資料集 第一集 秋田の昔話』(一九七七 秋田県立博物館)25笠地蔵p28~31集成番号二〇三『日本昔話集成』笠地蔵

地域(原文に書かれている地域名) 平鹿郡増田町湯の沢
地域(現地名) 横手市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF