文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

地図

類似

住まいを捜して放浪の旅(すまいをさがしてほうろうのたび)

詳細情報

番号 4071 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 水の部 堰・淵・滝・水穴 - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 精霊 八郎太郎 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 秋田魁新報社
書名・誌名 秋田民話集
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 秋田魁新報社
発行年月日 昭和41年6月20日 発行年(西暦) 1966年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 13 終了頁 15
文体 通行体
冒頭文 南祖坊との戦いで敗れた八郎太郎は、いまは十和田湖の名所となっている御倉半島の五色岩、千丈幕、赤根山を血に染めて南部に逃れた。
結末文 十和田湖の戦いで敗れ、弱気になっている八郎太郎の姿をこのような単純な思想で、むかしの人たちは説話を構成したのでもあろうか。

あらすじ 八郎太郎は、花輪、大湯、毛馬内の三川が合流する地点をせき止めて、湖を作ろうとした。この八郎の計画を知った鹿角四三体の鎮守の神々たちの抵抗にあい、この計画は失敗し比内地方に落ち延びて行った。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) 十和田町・比内町
地域(現地名) 大館市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -