文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

カツパのくれた刀(かっぱのくれたかたな)

詳細情報

番号 4159 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 水の部 湯・池・川・渡 - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 精霊 河童 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 秋田魁新報社
書名・誌名 秋田民話集
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 秋田魁新報社
発行年月日 昭和41年6月20日 発行年(西暦) 1966年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 261 終了頁 262
文体 通行体
冒頭文 本荘から東に16キロ、横手から西に16キロ、玉米の須郷円部落は静かな山里だ。
結末文 「河童丸」はいま須郷田部落の小松卯一郎さんという九郎平の子孫がたいせつに持っていて、正月十一の日だけお天道さまにみせるそうだ。

あらすじ 旧東由利村須郷田集落に石沢川という川がある。ここに昔カッパが住み、いたずらばかりしていたので、九郎平という男がカッパをつかまえた。カッパはもういたずらをしないと近い、宝刀河童丸を九郎平に差し出した。この河童丸は須郷田の九郎平の子孫の家にあり、正月十一日だけ外にだすという。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) 東由利村
地域(現地名) 由利本荘市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -