文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

類似

増田むがしっこ1 姿見られた八郎っこ(すがたみられたはちろうっこ)

詳細情報

番号 4343 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 水の部 - - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 精霊 八郎太郎 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 増田町
書名・誌名 広報ますだ
書名(全集名等) - 巻・号 No.287
発行所 増田町
発行年月日 昭和49年6月15日 発行年(西暦) 1974年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 7 終了頁 7
文体 方言
冒頭文 昔あったでおな。
結末文 これでトッピンパラリのプー。

あらすじ  ある宿屋に侍が泊まった。めらしっこが部屋に給仕に行ったところ、侍に、明朝までこの部屋に来てはいけないと言われた。しかし、めらしっこは、部屋をのぞいてしまった。部屋には八郎っこ(ヘビ)が、とぐろを巻いて寝ていた。次の日、めらしっこは侍に「俺の本当の姿を見たな」と言われた。その後、宿屋ははやらなくなった。だから見るなと言われたら、見ないことだという話。
追記 話者は松井惣左衛門
その他 地名は出てこないが、蛇だと思われている八郎潟の八郎(八郎っこ)が本文中に出てくる。

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 横手市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -