文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

鮭の報恩(さけのほうおん)

詳細情報

番号 4424 種別 昔話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 完形昔話 幸福なる婚姻 魚女房 -
日本昔話大成 本格昔話 婚姻・異類女房 蛤女房 111
日本昔話通観 むかし語り 婚姻 貝女房 219
世間話 - - - -
AT分類 402

執筆者名 糸井藤之助 編者名 -
書名・誌名 横手の民話伝説
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 出羽印刷株式会社
発行年月日 昭和四十七年九月一日 発行年(西暦) 1972年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 55 終了頁 55
文体 通行体
冒頭文 或る年、横手川から、珍しく大きな鮭がとれました。
結末文 といって、横手川へ帰って行ったそうです。

あらすじ 或る年、横手川から大きな鮭が捕れ、其処に通りかかった某は買い取って川に放してやった。或る日、その家に若い娘が訪ねて来て、下女奉公したいと願うので、雇ってやった。或る時、下女が汁を作り、囲炉裏にかける前に鍋をまたぐのを見た妻女は、「家に置くことは出来ない」といきりたった。主人が下女を呼んで、その不行儀をたしなめると、下女は「私はあなたに助けられた鮭です。あの鍋をまたぐのは、はらら子を入れる為でした。はらら子も今度でなくなりました」といって川に帰った。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) 横手
地域(現地名) 横手市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -