文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

類似

馬鹿婿話(ばかむこばなし)

詳細情報

番号 4527 種別 昔話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 笑話 愚人譚・愚か聟 聟の挨拶 336
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 武藤鉄城 編者名 -
書名・誌名 秋田郡邑魚譚
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 アチックミューゼアム
発行年月日 昭和15年4月30日 発行年(西暦) 1940年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 88 終了頁 89
文体 通行体
冒頭文 むがしあつたぞん。
結末文 トッピンパラリのプウ。

あらすじ 馬鹿婿が嫁の実家に正月礼に行くことになった。挨拶の仕方がわからないので、ザンガキをしていた隣の爺に遠くから聞くと隣の爺は「魚がいくら捕れたか」と聞こえたので「今日、風ふいてこんけやりやり」と教えた。婿は嫁の実家に行きその通りに挨拶した。餅を焼くと婿が「これは何だ」と聞くので嫁は困ってしまって「この人オヘショ人だ」と言った。今度は鉄瓶を聞くので「この人面目ねぇ」と言うと、鉄瓶の湯が溢れ灰神楽になった。婿は「オヘショぁ湯吹で、面ブグぁ灰まぶれだ」と言った。
追記 話者は渡部小勝,
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) 仙北郡角館町
地域(現地名) 仙北市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -