文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

鮭女の話(さけじょのはなし)

詳細情報

番号 4532 種別 昔話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 完形昔話 幸福なる婚姻 魚女房 -
日本昔話大成 本格昔話 婚姻・異類女房 蛤女房 111
日本昔話通観 むかし語り 婚姻 貝女房 219
世間話 - - - -
AT分類 402

執筆者名 武藤鉄城 編者名 -
書名・誌名 秋田郡邑魚譚
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 アチックミューゼアム
発行年月日 昭和15年4月30日 発行年(西暦) 1940年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 104 終了頁 104
文体 通行体
冒頭文 むかし一人の獨身者が女房を欲しいと云ふて、大威徳神社へ祈願した。
結末文 若し鮭のない時は?鮭でもよろしい。

あらすじ 独身者の男が「女房が欲しい」と大威徳神社に願を掛けた。満願の日、白い爺が現れ、願いを叶えてやるから石段の三段目で待てと言った。赤ん坊を抱いた女が現れ、赤ん坊を預かってくれと置いて行った。赤ん坊は段々重くなり我慢して抱いていると女が来て、力が強くなったから女房になると言った。女の作るお汁があまりに美味しくて、節穴から覗くと、女房は鍋に小便をしていた。男が正体知ってしまったので、女房は水屋に飛び込み鮭になって大威徳の淵に泳いで行った。
追記 話者は佐藤氏,
その他 ?鮭・・ボダとルビ

地域(原文に書かれている地域名) 仙北郡角館町
地域(現地名) 仙北市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -