文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

地図

類似

八郎太郎の話(はちろうたろうのはなし)

詳細情報

番号 4604 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 岩の部・水の部・塚の部・坂 - - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 精霊 八郎太郎 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 男鹿市史編纂委員会
書名・誌名 男鹿市史
書名(全集名等) - 巻・号 上巻
発行所 男鹿市
発行年月日 平成7年3月31日 発行年(西暦) 1995年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 1184 終了頁 1184
文体 通行体
冒頭文 三匹のイワナを食って竜に変身してしまった八郎太郎は、十和田湖を住みかにしていたが、
結末文 それで田沢湖には氷が張らないが、八郎潟には氷が張るのだという。

あらすじ 岩魚を食べて竜になり十和田湖の主になった八郎太郎は、南祖坊との戦いに敗れて追われ、八郎潟を作りそこを住処とした。田沢湖に住む辰子をめぐりまた争いになったが、今度は八郎太郎が勝ち、冬になると田沢湖に行って辰子と暮らした。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 八郎潟町
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -