文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

類似

愚か聟(おろかむこ)

詳細情報

番号 4724 種別 昔話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 民俗文学研究会編集委員会
書名・誌名 由利地方昔話集
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 国學院大学内 民俗文学研究会
発行年月日 昭和49年11月23日 発行年(西暦) 1974年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 170 終了頁 173
文体 方言
冒頭文 田舎のあねな、自分の家よりよっぽどいい長者の家がら、嫁もらったでおの。
結末文 とっぴんからり、太郎様のお手柄。

あらすじ 昔、田舎の兄が良い家から嫁をもらい二人で実家に行った。弓をいじっているうちに矢が勝手に飛んで、朝起きてみると盗人が死んでいた。次のは雉に当たった。それが評判になり、田舎に帰ってから殿様に、鳥海山の暴れ熊を退治するよう仰せつかった。鳥海山で熊を捜していたら、岩か熊か判らないものが見えた。石を投げ当たったので、近づいてみると熊だった。熊の目や耳や口に矢を刺した。
殿様に運んでいった。「川を痛めないため、目や耳に矢を放った」と、言うと殿様に感心された。
追記 話者は佐藤タミ,鳥海村上平根
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 由利本荘市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -