文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

船越村の狢 2(ふなこしむらのむじな)

詳細情報

番号 4944 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 水の部 堰・淵・滝・水穴 - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 精霊 八郎太郎 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 人見蕉雨 編者名 -
書名・誌名 黒甜瑣語
書名(全集名等) - 巻・号
発行所 秋田魁新報社
発行年月日 昭和43年6月10日 (寛政2年~6年) 発行年(西暦) 1968年 (1790年~1794年)
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 260 終了頁 260
文体 文語体
冒頭文 角館山中にも湖水あり。
結末文 二竜としに一回は行合ふ事ありと聞えし。

あらすじ 角館山中にも湖水がある。ここに八郎の雌竜が住んでいると言われている。院内に六人の衆徒という者がいて、その中の神成沢の常厳坊の娘で鶴子というのが、嫉妬が深くて蛇身となりこの湖水に来た。この水は船越へ水脈が通じていて、年に一度は二匹の竜が出会うという。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) 神代神成
地域(現地名) 仙北市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -