文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

たつこ姫伝説(たつこひめでんせつ)

詳細情報

番号 4964 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 岩の部・水の部・塚の部・坂 堰・淵・滝・水穴 - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 精霊 八郎太郎 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 国学院大学民俗文学研究会
書名・誌名 伝承文芸
書名(全集名等) - 巻・号 第12号第2集
発行所 国学院大学民俗文学研究会
発行年月日 昭和50年1月22日 発行年(西暦) 1975年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 147 終了頁 149
文体 方言
冒頭文 あれは
結末文 いつまでも真青になっているという。

あらすじ たつこは自分の美しさが永遠に保てるようにと神に願を掛けた。満願の日、山に入って谷川の水を飲み続けると、谷川は田沢湖になり、たつこは龍になってしまった。捜しに来た母親が、手に持っていた松明をこの湖に投げ入れると松明は、鱗に光りのある鱒になった。美しいたつこの元に八郎潟の八郎が来るようになり、主人のいなくなった八郎潟は氷が張るようになり、田沢湖は二人の愛の熱で今も氷が張らない。
追記 話者は小松 隆三
その他 田沢(現在田沢湖町)、生保内(現在田沢湖町)、西明寺(現在西木村)、神代(現在田沢湖町)、

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 仙北市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -