文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

小町塚(こまちづか)

詳細情報

番号 5396 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 英雄 小野小町 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 原 武男 編者名 -
書名・誌名 奇話・珍話 秋田巷談
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 私家版
発行年月日 昭和46年6月27日 発行年(西暦) 1971年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 249 終了頁 252
文体 通行体
冒頭文 川沢明媚の地、女子の佳麗大木は左もあるべし。
結末文 御持病の鸚鵡返しやむら時雨(「黒甜瑣語」による)

あらすじ 秋田藩家老梅津忠昭は俳人でもあった。江戸へ上る途中、小町塚に立ち寄り芍薬を手折って駕篭の挿瓶に生けようとしたが、村人に止められた。しかし言う事を聞かず、二、三枝折って駕篭に戻ろうとすると、暴雨になっった。こまってしまった忠昭は、その枝を小町の墓前に返し、詫びた。 
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 湯沢市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -