文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

地図

類似

天神様と八郎太郎(てんじんさまとはちろうたろう)

詳細情報

番号 5436 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 水の部 - - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 精霊 八郎太郎 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 -
書名・誌名 二ツ井町の文化財
書名(全集名等) - 巻・号 9
発行所 二ツ井町教育委員会
発行年月日 平成1年3月 発行年(西暦) 1989年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 11 終了頁 12
文体 通行体
冒頭文 大昔から、永い間十和田湖の主であった八郎太郎は、南祖坊との争いに破れて、米代川を下って来た。
結末文 八郎太郎は、この濁流の波に乗って米代川を下ったのである。

あらすじ 南祖坊に追われた八郎太郎は、米代川に湖水を作って棲家にした。八座の神々は八郎太郎を外へ移すそうと色々相談の上、天神様にお願いした。天神様は八郎太郎に男鹿半島近くの適地に行くように勧め、無数の白ネズミを使って湖水の山腹に穴を掘らせ、濁流に乗せて八郎太郎を送り出した。このとき、猫をつないだ所が猫繋のネが省かれて小繋、八座の一座が流れ去った所が七座、一座がひっかかった所が七折山などの地名ができた。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 能代市二ツ井町
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -