文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

類似

小僧のつかい(こぞうのつかい)

詳細情報

番号 5495 種別 昔話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 笑話 団子婿 笑話 -
日本伝説大系 愚人譚・愚か聟 362A 団子聟 -
日本昔話名彙 派生昔話 笑話 団子婿 -
日本昔話大成 笑話 愚人譚・愚か聟 団子聟 362A
日本昔話通観 笑い話 愚か婿 物の名忘れ-団子婿型 1047A
世間話 - - - -
AT分類 1687

執筆者名 - 編者名 -
書名・誌名 二ツ井町の文化財
書名(全集名等) - 巻・号 9
発行所 二ツ井町教育委員会
発行年月日 平成元年3月 発行年(西暦) 1989年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 60 終了頁 61
文体 方言
冒頭文 むがし、あっとごね小僧こえであたど。
結末文 どっとはれ。

あらすじ  すぐに忘れる小僧がいた。あるとき、隣町からびんつけ油を買ってくるように言いつけられた。小僧は忘れないように「びんつけ、びんつけ」と言いながら歩いていたが、堰を超えるとき「どっこいしょ」と言った。その後は「どっこいしょ」と言った。隣町でどっこいしょを売る店はなかった。貧乏な油売りの姿を見て「びんぼう」と言った。油売りが「椿油、つけ油」と商う声を聞いて、びんつけ油だったことを思い出して買った。
追記 話者は伊藤ミヤ,89才,採話者 伊藤徳治
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 能代市二ツ井町
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -