文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

カエルの女房(かえるのにょうぼう)

詳細情報

番号 5648 種別 昔話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 完形昔話 幸福なる婚姻 魚女房 -
日本昔話大成 本格昔話 婚姻・異類女房 蛤女房 111
日本昔話通観 むかし語り 婚姻 貝女房 219
世間話 - - - -
AT分類 402

執筆者名 - 編者名 鹿角市総務部市史編さん室
書名・誌名 鹿角市史民俗調査報告書第二集 花輪北地区の民俗
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 鹿角市
発行年月日 平成二年九月十日 発行年(西暦) 1990年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 259 終了頁 260
文体 方言
冒頭文 「おれは、ご飯食べねえで、うまくおつゆ煮るかがあ欲しい」って言ったんです。
結末文 これは、おどさんがほれ、石ぶつけだと知らねえで、したどこでこのちくしょうど思って、おれをだましてけらと思って、かかどこおんだしたどす。

あらすじ 「おれは、ご飯食べないでうまくおつゆ煮るかかが欲しい」と言うと「ご飯食べないでうまくおつゆ煮る」と言ってきた女があり、かかにした。カエルが人間に化けていたものだ。父さんが隠れてみているとおつゆなべかけて、ガッポンと自分ではねてはいり、体洗って、おつゆ煮だしてくわせた。ある時「神楽見に行く」とカエルの女房が言うのでだまって見てると、カエルがみんな集まって叫んだ。それにガッポリ石をぶつけた。おれをだましたのでこのちくしょうと思って、かかを追い出した。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) 不明
地域(現地名) 鹿角市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -