文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

伝説写真

地図

類似

小平の八郎太郎(こだいらのはちろうたろう)

詳細情報

番号 5656 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 水の部 - - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 精霊 八郎太郎 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 鹿角市総務部市史編さん室
書名・誌名 鹿角市史民俗調査報告書第二集 花輪北地区の民俗
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 鹿角市
発行年月日 平成二年九月十日 発行年(西暦) 1990年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 265 終了頁 266
文体 方言
冒頭文 十和田湖で南祖の坊に敗れた八郎太郎は、あっちこっちさまよったが結局、生れ故郷の鹿角さ来て、男神さんと女神さんのところを堰止めて、鹿角を棲家にすることにした。
結末文 八郎太郎が最初に男神さんと女神さんを堰止めた時雁府まで浸りガンブ?と波か立ったのでガンブと名付けたのだと伝えられている。」

あらすじ 十和田で南祖坊に破れた八郎太郎は結局、生まれ故郷の鹿角に来て、男神様と女神様の間の堰を止めてみたが、余りに浅くて棲家にならなかった。上台の白山様に相談すると大森山を持って行けと言われ、ブドウづらを集めて縄をにない、それを大森山にかけて背負い立とうとしたがびくともしない。小平の薬師さんが笑って「お前が背負っているのは黒瀧さん(黒瀧神社祭神天之手力男命)だよ」と教えた。八郎太郎はあわてて、縄をほどいて一目散に母爺の山の方に走って行った。
追記 -
その他 繰り返し記号多用(?)

地域(原文に書かれている地域名) 小平
地域(現地名) 鹿角市花輪小平
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -