文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

メンゴ淵の河童(めんごぶちのかっぱ)

詳細情報

番号 5781 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 水の部 湯・池・川・渡 - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 精霊 河童 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 長山幹丸 編者名 -
書名・誌名 秋田の伝説
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 秋田県仙郡北協和村上淀川  蓮西寺
発行年月日 昭和40年2月25日 発行年(西暦) 1965年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 4 終了頁 4
文体 通行体
冒頭文 田沢の村の近くに、深く澱んだ淵がある。
結末文 子供達が泳ぐにゆく時、オガラをもってゆくと、河童はおそれて近寄らない、オガラは河童が威力を発揮する頭上の皿をわる力があるそうだ。

あらすじ 田沢の村近くの淵を村人はメンゴ淵と呼んでいるが、この名はメンゴ(可愛い子供)が河童に捕えられことからきている。田中与治右ェ門の馬を河童が淵へ引き入れようとしたが、逆に馬にひかれて廐へ来た。馬桶をかぶってかくれたが、発見され叩き殺されそうになり、人を害さないとあやまり解放してもらった。以来河童は人に悪戯しない。子供達が泳ぎに行くとき河童の頭上の皿をわる力があるというオガラを持っていくと、河童は恐れて近寄らない。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) 田沢湖町田沢
地域(現地名) 仙北市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -