文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

類似

うすのろ(うすのろ)

詳細情報

番号 6242 種別 昔話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 派生昔話 笑話 餅は化物 -
日本昔話大成 笑話 愚人譚・愚か聟 餅は化物 361
日本昔話通観 笑い話 愚か婿 餅は化け物 1046
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 -
書名・誌名 琴丘の民話
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 琴丘町教育委員会
発行年月日 昭和49年12月3日 発行年(西暦) 1974年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 112 終了頁 113
文体 通行体
冒頭文 うすのろのわか者が、おりました。
結末文 と、言いました。

あらすじ うすのろの若者が隣村から嫁をもらい、姑礼に出かけた。姑は歓迎のため、餅をついたが、子供たちがきて邪魔になるので「餅は、こわいものだから、あっちへ行け」と言って、追いやった。餅つきが終わったが、若者は怖がって食べなかった。姑は遠慮してると勘違いし、帰りに重箱へ入れて持たせてくれた。途中で背中の荷が下がって首が苦しくなり、重箱を下ろし、棒を拾って餅をさんざんに叩いた。重箱の小豆餅は小豆が取れて、白い餅になった。これを見た若者は驚いて、餅を捨てて逃げ帰り、「餅はこわい、俺に牙をむいて向かってきた」と言った。
追記 話者は、鹿渡  平塚重光
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 三種町
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -