文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

類似

馬のしりに短冊(うまのしりにたんざく)

詳細情報

番号 6262 種別 昔話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 笑話 愚人譚・愚か聟 馬の尻に札 339
日本昔話通観 笑い話 愚か婿 馬の尻にお札 1018
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 -
書名・誌名 琴丘の民話
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 琴丘町教育委員会
発行年月日 昭和49年12月3日 発行年(西暦) 1974年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 159 終了頁 160
文体 通行体
冒頭文 むかし、あるところのむこどのがしゅうと礼に嫁の里へ行くことになりました。
結末文 「このあなにも短冊をさげたらどうだべー。」

あらすじ 婿が姑礼に、嫁の里へ行くことになった。何を話して良いか見当が付かず、嫁に聞くと、「居間の壁に穴が開いているから、そこに短冊を下げた方が良いと言ったらどうか」と、教えてくれた。婿は喜び勇んで出かけ、その部屋に通され、嫁の言った通りに言うと、嫁の家族は感心して大喜びした。帰る頃に、馬を見て欲しいと言われ、だんだん後に回って見ていた婿は、尻尾を上げて、「この穴にも短冊下げたらどうだ」と言った。
追記 話者は、鹿渡  平塚重光
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 三種町
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -