文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

祇園さま(ぎおんさま)

詳細情報

番号 6338 種別 世間話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 妖怪・霊異 水の怪 河童 -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 中川文子
書名・誌名 むかしっこ春秋
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 私家版
発行年月日 平成18年8月1日 発行年(西暦) 2006年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 41 終了頁 41
文体 方言
冒頭文 お稲荷さんのお使いが狐、祇園様のお使いが河童だど。
結末文 バラの花咲けば、水あぶりするにええ、ウグイス鳴けば、干し餅食うにええって、昔から、言われでるなだど。

あらすじ  祇園さまのお使いは河童である。祇園様のお祭りの日には、子どもが川流れにあわないように、橋の上から胡瓜を川に流す。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 羽後町
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -