文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

親川の馬頭観音(おやかわのばとうかんのん)

詳細情報

番号 6408 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 水の部 橋・清水・井 - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 英雄 坂上田村麻呂 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 本荘市
書名・誌名 本荘市史民俗調査報告書第四集 松ヶ崎の民俗
書名(全集名等) - 巻・号 4
発行所 本荘市
発行年月日 平成7年8月31日 発行年(西暦) 1995年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 216 終了頁 216
文体 通行体
冒頭文 昔、坂上田村麻呂将軍が来たとき、馬の足を洗ってなぐさめたという冷泉があり、そこに馬頭観音を建立した。
結末文 沢ひとつ隔てた台地は、坂上田村麻呂将軍の一行を慰めるため、踊り明かした所で、年配の人たちは今も踊り場と言っているという。

あらすじ 昔坂上田村麻呂将軍が来た時、馬の足を洗って慰めた冷泉があり、そこに馬頭観音を建立した。戦時中は御祓いを受ける軍馬で賑わった。お堂は青年団が管理し、お祭りもされている。沢一つ隔てた台地は、将軍の一行を慰めようと踊り明かした所で、年配の人達は今も踊り場と言っている。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 由利本荘市松ヶ崎
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF