文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

クゾ藤(くぞふじ)

詳細情報

番号 6454 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 坂・峠・山の部 屋敷・城跡(屋・田・村・森・畑・原) - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 英雄 坂上田村麻呂 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 武藤鉄城 編者名 市川 信夫
書名・誌名 羽後角館地方に於ける鳥蟲草木の民俗学的資料
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 アチック・ミューゼアム
発行年月日 昭和10年5月1日 発行年(西暦) 1935年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 185 終了頁 185
文体 通行体
冒頭文 又角館町に近い日三市と云ふ所に、腕同士と云ふ鬼が棲んでゐたと云ふ洞窟があるが、其の鬼を田村将軍が攻めた時、葛の蔓が将軍の馬脚に絡まつて進まず、一旦は逃がしてしまつた。
結末文 附近の岡で、今でも絶対葛の生へない場所があるが、それがその時将軍の激憤に触れた爲めであると伝へられてゐる。

あらすじ 角館に近い日三市というところに、腕童子という鬼が棲んでいたという洞窟がある。坂上田村麻呂が鬼を攻めた時、葛のツタが馬の足に絡まって一度は逃がしてしまった。以来その場所は葛が生えないと言われている。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) 角館町
地域(現地名) 仙北市角館町
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -