文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

小野小町(おののこまち)

詳細情報

番号 6847 種別 昔話

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 むかし語り 知恵の力 狂歌の手柄 431
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 黒沢せいこ
書名・誌名 徳五郎翁の昔ばなし
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 私家版
発行年月日 平成17年2月11日 発行年(西暦) 2005年
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 3 終了頁 3
文体 方言
冒頭文 昔、あったずもな。
結末文 これきって とっぴんぱらりのぷう

あらすじ 美しい小野小町を見た男達は、嫁に欲しいと大騒ぎであった。ある日、小野小町が髪を梳いていると小町にのぼせた男が毛虫になって這い上がってきた。それは男の魂であった。だまって毛虫を見ていた小町は「口吸わせ、手を握らせてひざ枕、肌といわぬは虫のあやまり」と、三回和歌を詠んだ。すると毛虫は膝からボローッと落ちて、死んでしまった。
追記 話者は堀井徳五郎
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) 南外村
地域(現地名) 大仙市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -