第二章 鹿角開拓の政治状況(かづのかいたくのせいじじょうきょう)

詳細情報

番号 6957 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 坂・峠・山の部 屋敷・城跡(屋・田・村・森・畑・原) - -
日本伝説大系 - - - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 曲田慶吾
書名・誌名 伝説乃鹿角
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 鹿角郡教育会 ((株)明治文献より再版)
発行年月日 昭和50年6月10日 (昭和50年6月10日再版) 発行年(西暦) 1931年 (1975年)
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 50 終了頁 53
文体 通行体
冒頭文 鹿角の地は随分古い昔から、中央の為政者によつて、知られ其の開拓の歩を進められたものである。
結末文 此の豊丘里と云ふのは毛馬内町を中心に、錦木村、七瀧村の方面一帯を、指すものの様である。

あらすじ 今よりおよそ千八百余年前、成務天皇の御代大己貴命の26代裔狹名太夫が派遣された所から始まる。当時鹿角の池内は黎民互いに干戈を動かし、民人の生活が甚だ安定を欠いた。政府は対策として郡司を置き、その正邪を正しことに力を入れた。狹名太夫先づ当国に吏長置き、町政を定め境界を定め、土地の区割りを明定し、堤構を開かしめて国民生活安定のため大いに社会政策を実行した。成務天皇大いにその勲功を褒美し、土地の名を狹名の一字狹を賜ひて狹郡と称号した。
追記 第五のみ章立てがなかった
その他 第五 花輪町恩徳寺彌陀三尊の由来

地域(原文に書かれている地域名) 鹿角
地域(現地名) 鹿角市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -