文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

第五章 錦木塚の由来(にしきぎづかのゆらい)

詳細情報

番号 6961 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 塚の部 塚(穴) - -
日本伝説大系 自然説明伝説 錦木塚 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 曲田慶吾
書名・誌名 伝説乃鹿角
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 鹿角郡教育会 ((株)明治文献より再版)
発行年月日 昭和50年6月10日 (昭和50年6月10日再版) 発行年(西暦) 1931年 (1975年)
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 56 終了頁 63
文体 通行体
冒頭文 此の塚は錦木小学校の後方、毛馬内驛西方一町の所にあるものであるが、此の塚の由来については、人口に膾灸して居るもので説明を要する程のものでもない、記録されたものも沢山であるし、和歌にも、俳句にも、詩文にも作られ、尚ほ又謡曲にまで、出来て居るものである。
結末文 機織臺は、今に錦木村下古川、黒澤熊吉の家にあり、細布も一反あり、村人は姫は、尊い神の御末裔であり、衣服の業を教へられた、其の恩誼に感謝して御祀りしたものである。

あらすじ 錦木むらの東方高嶽、五ノ宮嶽という山に鷲という大きな猛鳥が住んでいて時々村落に飛来して幼い未就学の幼童たちをさらって行く。両親どもは恐れ戦き、たいそう悲嘆するものだった。ある時旅僧が子供達に鳥の羽の混ぜた織物を着せると鷲がさらって行けなくなると言う。政子姫一生を捧げんものと精進潔斎、白鳥の毛を求めて、織り続けること3年3ヶ月、織れる布を子を持てる親達に分け与えてその難を免れることを得た。以上のことで姫は錦木塚に祀られた。
追記 -
その他 第六 鹿角の産業伝説

地域(原文に書かれている地域名) 毛馬内澤西方一町
地域(現地名) 鹿角市十和田毛馬内
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -