第一章 四天士と三郷士の起源()

詳細情報

番号 6983 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 英雄 - -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 - 編者名 曲田慶吾
書名・誌名 伝説乃鹿角
書名(全集名等) - 巻・号 -
発行所 鹿角郡教育会 ((株)明治文献より再版)
発行年月日 昭和50年6月10日 (昭和50年6月10日再版) 発行年(西暦) 1931年 (1975年)
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 141 終了頁 143
文体 通行体
冒頭文 鹿角の四天士、三郷士と言つて南部藩以前の支配者であつて、政治的にも経済的にも文化史的にも、土地人民の、開発に余念なかりしものである。
結末文 それで下着順に言はば、安保、秋元、成田、奈良の順となる。

あらすじ 鹿角の四天王、三郷士とは南部藩以前の支配者で、政治的にも文化史的にも、土地人民の開発に余念なかりしもので、四天王は奈良、成田、安保、秋元の4人、三郷士は草木丹後、野尻左京、牛馬長根越後の3人をさす。勢力ありしものからこの3人を三郷士と言って尊敬したものである。四天王は五ノ宮皇子下向の祭、お連れの金森兄弟の後から下着した御家人4人あり、四天士と言われる方々である。各々郡内の里郷の土地を配分して、支配地と定め、永く子孫は後世に血統を垂れた。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) 鹿角
地域(現地名) 鹿角市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -