文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

無題(むだい)

詳細情報

番号 7002 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 - - - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 英雄 小野小町 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 石井忠行 編者名 今村義孝監修
書名・誌名 伊頭園茶話九の巻
書名(全集名等) 第一期新秋田叢書 巻・号 第8巻
発行所 歴史図書社
発行年月日 昭和46年12月20日 (明治6年) 発行年(西暦) 1971年 (1872年)
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 272 終了頁 273
文体 文語体
冒頭文 梅津其雫翁一年江戸登の節、小野村にて小町の旧跡を訪ねしに、時しも牡丹の盛にてありければ一枝折て轎中の投入に挿んとせしに処の翁かたく是を止む。
結末文 それにしても時雨する頃盛なりとは不審也。

あらすじ 梅津其雫翁が江戸へ登るとき、小野村で小町の旧跡を尋ね、盛りの牡丹(芍薬か)を一枝折ろうとしたら土地の翁にかたく止められた。それでも強いて其雫が一枝折ったところ、晴天がにわかに暴風雨になったという。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) -
地域(現地名) 湯沢市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -