文字サイズ 縮小 標準 拡大
 

二面合鬼(にめんがっき)

詳細情報

番号 7019 種別 伝説

  大分類 中分類 小分類 番号
日本伝説名彙 坂・峠・山の部 屋敷・城跡(屋・田・村・森・畑・原) - -
日本伝説大系 文化叙事伝説 英雄 坂上田村麻呂 -
日本昔話名彙 - - - -
日本昔話大成 - - - -
日本昔話通観 - - - -
世間話 - - - -
AT分類 -

執筆者名 石井忠行 編者名 今村義孝監修
書名・誌名 伊頭園茶話十五の巻
書名(全集名等) 第一期新秋田叢書 巻・号 第9巻
発行所 歴史図書社
発行年月日 昭和46年12月20日 (明治8年) 発行年(西暦) 1971年 (1872年)
所蔵先 秋田県立図書館
開始頁 164 終了頁 164
文体 文語体
冒頭文 雄鹿の浦田村の社内に石を畳みたる処あり
結末文 本書ノ金ノコト此事ニヤ

あらすじ 雄和の高尾山に二面合鬼(ニメンガッキ)が住んでいたが、田村麻呂将軍に攻められ男鹿の真山に逃げたが、ついには浦田村で討たれた。首は浦田の社内にある石畳の所に埋められた。
追記 -
その他 -

地域(原文に書かれている地域名) 浦田
地域(現地名) 男鹿市
史跡等 -

音声データ - 音声収録年月日 - 音声収録年(西暦) -
話者名 - 話者情報 -

PDF -